私的小説・設定ネタまとめ」タグアーカイブ

思考をトレースし同じ思考を検出する 共感システム 小説・設定ネタ

電車の中で、みんないろいろなことを考える。 それらをトレースして、ある一定以上おな同じ考えのものが集まったら、代わりに発言してくれる。 例えば静かにしてほしいとか。 赤ちゃんが泣いたとき、静かにしろ!と言おうとしたら、代… 続きを読む »

この世界に対して僕はいっぱい不満があるけど、とても感謝しているだ 私的小説ネタ

タイトル この世界に対して僕はいっぱい不満があるけど、とても感謝しているだ 序 この世界は、どうやってできたのかは、未だわからないけれど、僕はこうやって考えているから、この世界は存在しているのだと思う。デカルトの功績はと… 続きを読む »

電脳ヘブン 小説ネタ

タイトル 電脳ヘブン 設定 死後の世界があったという設定。人は死後、その思考部分だけが高次元世界に再現され、思考だけは生き続けていた。その高次元世界では過去の人間の思考もすべて存在している。しかし、その境界線はあいまいで… 続きを読む »

嘘をつくAI 小説ネタ

AIは最適解を目指すのが多くの人のイメージかなと思います。最適解を出したは良いが、決断するのは人間というのが今のセオリーで、人間はだいたいAIとは違う行動をするというのが定番です。 で、そのような人間の行動を踏まえた上で… 続きを読む »