孫子を学ぶ

投稿者: | 2020年12月15日

これは孫子を学ぶ私的メモです。徐々に更新

始計篇

孫子曰、兵者国之大事、死生之地、存亡之道。不可不察也。

孫子曰く、兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。察せざるべからざるなり。

故経之以五事、校之以計、而索其情。一曰道。二曰天。三曰地。四曰将。五曰法。

故に、これを経(はか)るに五事を以ってし、これを校(くら)ぶるに計を以ってして、その情を索(もと)む。一に曰く、道。二に曰く、天。三に曰く、地。四に曰く、将。五に曰く、法。

道者、令民与上同意也。故可以与之死、可以与之生、而不畏危。天者、陰陽、寒暑、時制也。地者、遠近、険易、広狭、死生也。将者、智、信、仁、勇、厳也。法者、曲制、官道、主用也。凡此五者、将莫不聞、知之者勝、不知之者不勝。

道とは、民をして上と意を同じくせしむるなり。故に以ってこれと死すべくこれと生くべくして、危うきを畏(おそ)れず。天とは、陰陽(いんよう)、寒暑(かんしょ)、時制(じせい)なり。地とは、遠近(えんきん)、険易(けんい)、広狭(こうきょう)、死生(しせい)なり。将とは、智、信、仁、勇、厳なり。法とは、曲制(きょくせい)、官道(かんどう)、主用(しゅよう)なり。およそこの五者は、将、聞かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。

故校之以計、而索其情。曰、主孰有道、将孰有能、天地孰得、法令孰行、兵衆孰強、士卒孰練、賞罰孰明。吾以此知勝負矣。

故に、これを校(くら)ぶるに計を以ってして、その情を索(もと)む。

曰く、主孰(いず)れか有道なる、将孰れか有能なる、天地孰れか得たる、法令孰れか行わる、兵衆(へいしゅう)孰れか強き、士卒孰れか練(なら)いたる、賞罰孰れか明らかなる、と。吾、これを以って勝負を知る。

将聴吾計、用之必勝。留之。将不聴吾計、用之必敗。去之。

もし、吾が計を聴かば、これを用いて必ず勝たん。これに留まらん。もし吾が計を聴かずんば、これを用うるも必ず敗れん。これを去らん。

計利以聴、乃為之勢、以佐其外。勢者因利而制権也。

計、利として以って聴かるれば、すなわちこれが勢をなして、以ってその外を佐(たす)く。勢とは利に因(よ)りて権を制するなり。

兵者詭道也。故能而示之不能、用而示之不用、近而示之不遠、遠而示之不近、利而誘之、乱而取之、実而備之、強而避之、怒而撓之、卑而驕之、佚而労之、親而離之、攻而無備、出其不意。此兵家之勝。不可先伝也。

兵は詭道(きどう)なり。故に能なるもこれに不能を示し、用なるもこれに不要を示し、近くともこれに遠きを示し、遠くともこれに近きを示し、利にしてこれを誘い、乱にしてこれを取り、実にしてこれに備え、強にしてこれを避け、怒にしてこれを撓(みだし)し、卑にしてこれを奢らせ、佚(いつ)にしてこれを労し、親にしてこれを離す。その無備を攻め、その不意に出づ。これ兵家の勝にして、先には伝うべからざるなり。

夫未戦而廟算勝者、得算多也。未戦而廟算不勝者、得算少也。多算勝、少算不勝。而況於無算乎。吾以此観之、勝負見矣。

それいまだ戦わずして廟算(びょうさん)勝つ者は、算(さん)を得ること多ければなり。いまだ戦わずして廟算勝たざる者は、算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。而(しか)るを況(いわん)や算なきに於(おい)いてをや。吾、これを以ってこれを観れば、勝負見(あら)わる。

作戦篇

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乗、帯甲十万、千里饋糧。則内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金、然後十万之師挙矣。

孫子曰く、およそ兵を用うるの法は、馳車千駟(ちしゃせんし)、革車千乗(かくしゃせんじょう)、帯甲十万(たいこうじゅうまん)にて、千里(せんり)に糧(りょう)を饋(おくる)る。則(すなわ)ち内外の費(つい)え、賓客(ひんかく)の用、膠漆(こうしつ)の材(ざい)、車甲(しゃこう)の奉(ほう)、日に千金を費(ついや)して、然る後に十万の師(し)挙がる。

其用戦也、勝久則鈍兵挫鋭。攻城則力屈。久暴師則国用不足。夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乗其弊而起。雖有智者、不能善其後矣。故兵聞拙速、未賭巧之久也。夫兵久而国利者、未之有也。故不尽知用兵之害者、則不能尽知用兵之利也。

その戦いを用うるや、勝つも久しければ、則ち兵を鈍らし鋭を挫く。城を攻むれば、則ち力屈す。久しく師を暴(さら)さば、則ち国用(こくよう)足らず。それ兵を鈍らし鋭を挫き、力を屈し貨(か)殫(つ)き、則ち諸侯、その弊に乗じて起こらん。智者ありと雖(いえど)も、その後を善くすること能(あた)わず。故に兵は拙速(せっそく)を聞くも、いまだ巧久(こうじ)を賭(み)ざるなり。それ兵(へい)久しくして国(くに)利あるは、いまだこれあらざるなり。故に尽く用兵の害を知らざれば、則ち尽く用兵の利を知ること能わざるなり。

善用兵者、役不再籍、糧不三載。取用於国、因糧於敵。故軍食可足也。国之貧於師者遠輸。遠輸則百姓貧。近於師者貴売。貴売則百姓財竭。財竭則急於丘役。力屈財殫、中原内虚於家。百姓之費、十去其七。公家之費、破車罷馬、甲冑矢弩、戟楯蔽櫓、丘牛大車、十去其六。故智将務食於敵。食敵一鍾、当吾二十鍾、秆一石、当吾二十石。

善く兵を用うる者は、役(えき)は再籍(さいせき)せず、糧(りょう)は三載(さんさい)せず。用(よう)を国に取り、糧を敵に因(よ)る。故に軍食足(た)る可なり。国の師(し)に貧(ひん)なるは、遠く輸(おく)ればなり。遠く輸れば、百姓(ひゃくせい)貧(まず)し。師に近き者は貴売(きばい)す。貴売すれば、則(すなわ)ち百姓は財(ざい)竭(つ)く。財竭くれば、則ち丘役(きゅうえき)に急なり。力(ちから)屈し財(ざい)中原に殫き、内家(うちいえ)に虚(むな)し。百姓の費(つい)え、十に其の七を去(さ)る。公家(こうか)の費え、破車罷馬(はしゃひば)、甲冑矢弩(かっちゅうしど)、戟楯蔽櫓(げきじゅんへいろ)、丘牛大車(きゅうぎゅうたいしゃ)、十に其の六を去る。故に智将は務めて敵に食(は)む。敵の一鍾(いっしょう)を食むは、吾が二十鍾に当あたり、き秆一石(きかんいっせき)は、吾が二十石(にじっせき)に当たる。

故殺敵者怒也。取敵之利者貨也。故車戦得車十乗已上、賞其先得者、而更其旌旗、車雑而乗之、卒善而養之。是謂勝敵而益強。故兵貴勝、不貴久。故知兵之将、民之司命、国家安危之主也。

故に敵を殺すは怒りなり。敵の利を取るは貨なり。車戦(しゃせん)して車十乗(くるまじゅうじょう)已上(いじょう、以上)を得ば、其の先づ得たる者を賞し、而して其の旌旗(せいき)を更(か)へ、車は雑(まじ)へて之に乗り、卒(そつ)は善くして之を養(やしな)ふ。是(こ)れ敵に勝ちて強(きょう)を益(ま)すと謂(い)ふ。故に兵は勝つことを貴(たっと)び、久しきを貴ばず。故に兵を知る将は、民の司命(しめい)にして、国家安危(あんき)の主なり。