なぜEVILはロスインゴを裏切ったのか? 個人的見解

投稿者: | 2021年3月11日

EVIL選手の裏切りとは

2020年7月11日、NEW JAPAN CUPで初優勝したEVIL選手。これまでやってこなかった金的などの反則技を使い、今までのEVIL選手とは違うことをわかりやすくアピールしていました。

優勝後、内藤哲也選手のグーパンチタッチに、BULLET CLUBのウルフポーズで返し内藤哲也選手に必殺技のEVILを食らわせます。これによりEVIL選手はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切り、BULLET CLUBに加入することが明確になりました。

ある程度の助走期間はあったものの、EVIL選手がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切るのはショッキングな出来事で、高橋ヒロム選手などはリング上で絶叫するなど、かなり大体的なパフォーマンスを行っています。

突然の裏切りに多くのファンが戸惑ったことは間違いありません。なぜ、EVIL選手はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切ることになったのでしょうか?

当時の状況などから、個人的見解についてまとめていきます。

EVILの裏切りは本人の意思か?

まず結論から書いていこうと思います。

これは個人的見解ですが、EVILの裏切りは会社の意向が大きく関わっていると考えます。

それはなぜか? 当時の状況などを交えて、なぜ会社の意向なのかの理由を書いていきます。

コロナウイルスによるヒールの少なさ

まず、当時の状況で一番影響が大きかったのは、コロナウイルスでしょう。

新日本プロレスも興行がやっと再開できたものの、無観客試合などもしている状況でした。このとき、もっとも影響があったのが外国人レスラーです。多くの外国人レスラーは日本に来ることができない状況でした。

日本人選手の中にも海外に拠点を置いているKENTA選手も日本に来れないという物理的問題が発生していたのです。

外国人レスラーが居なくなったことで大きな影響を受けたのがBULLET CLUBです。日本人レスラーで一線級で戦っている選手がほとんどいないため、事実上BULLET CLUB壊滅状態でした。個人的に高橋裕二郎選手はめっちゃ好きなので、もっとトップで戦ってほしいのですが、何か理由があるのかあまり前面に出てきていない状況でした。

当時の新日本プロレスのユニットは、

  • 本隊
  • CHAOS
  • ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
  • BULLET CLUB
  • 鈴木軍

という感じです。このうち、明確なヒールユニットはBULLET CLUB、鈴木軍でした。CHAOSは元々ヒールユニットでしたが現在はヒール感は無いですし、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンはそもそも内藤哲也選手が

「俺はCHAOSではない。もちろんBULLET CLUBでもない。ましてや本隊でもない。俺の居場所はロス・インゴベルナブレス」

と宣言していますし、爆発的に人気が出たことでさらに悪さ感はほとんど無い状態です。

ということで、明確なヒールはBULLET CLUB、鈴木軍の2つであり、このうち一角のBULLET CLUBが壊滅状態になったのです。

ヒールがいないと何が悪いのか?

ヒールが居なくてもプロレスはできます。強いレスラー同士が戦うというのはそれだけで楽しいものです。

しかし、ヒールが居たほうが盛り上がるのが実情。なぜならば、人は感情を揺さぶられるものに惹かれるからです。応援もしやすくなりますよね。

また、人はわかりやすい構図の方が理解がしやすいため、面白いと感じる人が多いのです。なぜなら、面白いという思考は人間の理解度と関係しているからです。

参考 → 面白いとは何か?楽しいとは何か? その本質と違いについて考えてみた | ネルログ

ヒールがいなくなると、理解するという行為がほぼ無くなるため、面白さを感じなくなってしまうのです。強いレスラー同士の対戦は楽しいと表現したのは、そのような理由です。当然、強いレスラー同士の対戦でも、そこに至るストーリーがあれば面白くなります。しかし、ストーリーというのは時間をかけて作るものなので、すぐにストーリーを作るのは難しいのです。

ストーリーの例としてプロレスではよく出てくるのが因縁です。この因縁も起こしてすぐ対戦してしまっては、面白さがとても小さいです。紆余曲折してようやくシングルの対戦が組まれるからこそ面白いわけです。

そして、ヒールというのはこの因縁を自ら起こすことができる役柄なのです。これがヒールの役割の1つと言えます。

ヒールがいないと因縁を起こしにくいんですよね。

実際にヒールとして素晴らしい評価を得ている鈴木みのる選手は、まさにヒールとして役割をしっかりと演じています。わかりやすい構図を作りますし、何かとつっかかっていきます。

ストーリーが切れてしまった

プロレスの面白さにはストーリーが重要であることを述べました。しかし、コロナウイルスの影響で外国人レスラーが来日できなくなったことで、外国人レスラーが絡んでいるストーリーがすべて切れてしまったのです。

先程述べたように因縁というのはわかりやすいストーリーのギミックの1つです。しかし、1年も出場していない選手が1年後にいきなり去年の続きをしようと言ったとしても、多くの人が今さら感を感じるでしょう。

ストーリーは続いているからこそ、見ていて面白いし、楽しいのです。ストーリーが切れてしまったら、一旦リセットで新たなストーリーが必要になります。

実際にコロナウイルス対策をすることで、外国人レスラーが戻ってきたときはG1でしたが、そこにストーリーはありませんでした。G1というストーリーを作るための舞台が新たに用意されたわけです。これは新日本プロレスの上手さだと思います。

いきなり普通の興行で外国人レスラーが参加してきても、変な感じになっちゃいますからね。G1という舞台で仕切り直しというわけです。

もしEVILの裏切りが無かったら

さて、EVIL選手の話に戻しましょう。当時、ヒールが少ない状況でストーリーが切れてしまった状況でした。

当初は無観客試合で、レスラーはプロレスができることの喜びをコメントしていました。これ自体は喜ばしいことで、プロレスが観れることの幸せを自分も大いに感じました。

では、そのままストーリーも無くプロレスを続けていったらどうなったでしょうか?

強いレスラー同士の対戦は行われるでしょう。でも、あの当時の試合を繰り返されて、自分たちはプロレスに面白さを感じることができたでしょうか?

今日もみんな元気にプロレスしてたねというプロレスが面白いでしょうか?

たぶん、飽きてしまったでしょう。プロレスにはストーリーが必要だからです。

実際にEVIL選手の裏切りによって2020年の前半は何とか話が持ちました。内藤哲也選手と何度も二冠戦をしましたが、それは他にストーリーが無かったためです。また、秋のG1で外国人レスラーが戻ってくる三段がある程度あったから、そこまで持たせれば良いという新日本プロレス(会社)の考えがあったかもしれません。

ただ、2020年大きなインパクトというと、KENTA選手の内藤哲也選手襲撃、EVIL選手突然の裏切りというのはかなり多くの人に印象を残したのではないでしょうか?

最も簡単な因縁の作り方 裏切り

ストーリーというのは簡単には作れなず、時間がかかると前述しました。確かにそのとおりなのですが、実は簡単な因縁の起こし方があります。それが裏切りです。

なぜ、裏切りは因縁を起こしストーリーになるのでしょうか?

それは、そこまでそのユニットに居たこと自体がストーリーになるからです。ユニットに居たこと自体が時間がかかる前置きとなるのです。

また、裏切る可能性が無さそうな人が裏切るほど、インパクトが大きいです。これはユニットにいたこと自体がストーリーになるため、そのユニットにハマっている人であればあるほど、ストーリーに重みがでます。

さて、当時のユニットで考えたとき、裏切りが無かったユニットがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンです。もし、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンで裏切りが発生したら、インパクトがあります。

そこで白羽の矢が立ったのが、EVIL選手だと考えています。

ロスインゴを裏切る理由が無い EVIL

そもそもEVIL選手にはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切る理由がありません。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンでタイトルも取っていますし、内藤哲也選手の方針としてもロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン同士で対戦することも良しとしています。

だから、NEW JAPAN CUPでEVIL選手が優勝し、二冠をかけて対戦することもまったく問題ないでしょう。

また、飛ぶ鳥を落とす勢いのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退するというのはデメリットしかありません。EVIL選手にはメリットが無いわけです。

次にまとめて書きますが、EVIL選手の裏切りには違和感がたくさん存在しています。

多くの違和感

ざっと挙げると

  • 1月にNEVER無差別級6人タッグ王座のベルト獲得
  • パレハというロスインゴ用語を使っている
  • BULLET CLUBとほとんど交流が無い
  • 覇者で王者の三冠王だ!を繰り返す

があります。

まず、「1月にNEVER無差別級6人タッグ王座のベルト獲得」ですが、EVIL選手が裏切ったあと、ベルトがどうなるのか?という問題が発生しました。普通、この手のベルトの扱いについてはちゃんと整理して裏切るなり、団体を離れるなりするものです。しかし、NEVER無差別級6人タッグ王座については当初発表されていませんでした。これは通常ではありえないことです。

「パレハというロスインゴ用語を使っている」のも気になります。ディック東郷選手がパレハとして登場しましたが、普通裏切ったら前のユニットとは別になるのでパレハという用語を使うのは、好ましいとは言えません。BULLET CLUBのメンバーが以前から新しい相棒のことをパレハと呼んでいたらならば話は別ですが、そのようなことはありませんでした。これは個人的推測ですが、EVIL選手が咄嗟に出てしまった言葉なのではないかな?と思います。

次に「BULLET CLUBとほとんど交流が無い」ですが、これは2021年3月現在でも状況は変わっていません。NEW JAPAN CUPでBULLET CLUBの介入がありましたが、基本的にはEVIL派閥とそれ以外という感じで現在まで進んでいます。これもバリバリ違和感がありますよね。派閥同士で争う内部闘争もありますが、そういう気配もありませんし、元々分かれているような感じなのでそこで内部闘争と言われても、ピンと来ません。これはEVIL選手が裏切ることが急に決まったためだと考えています。

また「覇者で王者の三冠王だ!を繰り返す」のも違和感がありました。最近ではようやくコメントもいろいろと考えられてきましたが、当時は何をしゃべって良いのかわからなかった節があります。それをわかりやすくするために、「覇者で王者の三冠王だ!」を繰り返していたのではないかなと個人的には推測しています。このあたりはディック東郷選手の入れ知恵なのか、もしかすると外道選手あたりが助け舟を出したのかもしれません。

ただ、飯伏選手の二冠統一発言問題よりもEVIL選手の方が言っている意味がわからないという批判が少なかったのは事実です。「覇者で王者の三冠王だ!」を繰り返し発信したことで、同じことしか言えないのかという指摘はありましたが、少なくともファンには俺が一番強いんだよ!というメッセージは伝わっていたと言えます。

本来であれば裏切った後のこともある程度考えた上で裏切るのですが今回はレールが無い状態。だから、コメントがしにくかったのでしょう。その代替としてわかりやすいメッセージ性が必要だったのです。

結論

ということで、長々と書きましたが、結論は最初に書いたように、EVILの裏切りは会社の意向が大きく関わっていると考えています。

当時の状況を考えると何かしらストーリーが必要でした。話題性と言い換えても良いかもしれません。

コロナウイルスで外国人レスラーが来日できなくなり多くのストーリーが切れた状態で、できる限りわかりやすくストーリーを作り出すには、裏切りというのがとても簡単なギミックなのです。

様々な違和感は急な会社の意向でEVIL選手が裏切ることになったためと考えています。

二冠統一問題でも会社の意向があるのではないか?と棚橋弘至選手が話していました。そう考えると飯伏選手の意味不明な発言も理解ができます。そして、EVIL選手の裏切りにも会社の意向があったと考えると、いろいろとしっくりきますよね。

まあ、真実が語られることは無いと思いますが、個人的にはかなり会社の意向が強くあったのかなと思っています。

最後に、個人的にEVIL選手はすごく好きな選手です。ダイナミックな技は見ていてまさにプロレスの技という感じですし、ガツガツと体でぶつかっていくスタイルもすごく好感が持てます。今後もEVIL選手には頑張って欲しいなと個人的に思っています。