Enter The Gungeonレビュー PS4 見下ろし型アクションシューティング

投稿者: | 2021年4月7日

Enter The Gungeonとは

Enter The Gungeon(エンター・ザ・ガンジョン)は見下ろし型アクションシューティングゲームです。懐かしい感じの8-bitグラフィックですが、アクション性は結構高く、敵の弾も多いので弾幕系シューティングにちょっと近い印象。

4人のキャラクターから選んでダンジョンを探索していくタイプで、キャラクターごとに様々な特性があります。

ダンジョンは潜るごとに変わるのでいわゆるローグライクというジャンルに入るゲームです。

プレイ動画

実際にプレイしたときの動画です。参考になれば幸いです。

評価

☆4/5

見下ろしタイプのアクションシューティングゲームが好きならかなり楽しめるゲームです。やりこみ要素も多く、長く楽しめると思います。

本作の最大の特徴は弾幕系という点でしょう。まずローグライク+アクションというゲームは結構リリースされていますが、弾幕系となると個人的には知りません。

弾幕系というと怒首領蜂などに代表される2Dスクロールシューティングゲームがあります。感覚的にはそれに近いです。また、初心者にもプレイしやすく、マップ内の敵の弾を全消しできるアイテムがあるのは良い点だと思いました。

見下ろし型のアクションシューティングゲームは結構ありますが、それとはちょっと違う感じで遊べるのも本作の面白いところだと思います。

Youtubeなどで探せば、かなりやり込んでいる人の動画がたくさんありますので、購入前にチェックするのも良いと思います。

個人的にはアクションゲームが得意ではないので、そこまで刺さらなかったです。このあたりは、本当に好みの問題。そんな自分でも本作の面白さは伝わったのでかなり良いゲームだと感じました。

本作はPS4以外にもPCやNintendo Switchでも発売されており、かなり評価が高いです。


Play at Homeで期間限定(4月23日正午まで)で無料でダウンロードできます。

リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA