5.4 福岡 オスプレイ VS 鷹木 IWGP世界ヘビー級選手権 どっちが勝つ?

投稿者: | 2021年4月8日

4.4 両国の結果と鷹木選手挑戦決定

4.4 両国(SAKURA GENESIS 2021)でウィル・オスプレイ選手が飯伏幸太選手を倒し、IWGP世界ヘビー級王者になりました。

次期挑戦者としてオカダ・カズチカ選手を指名したところ、鷹木信悟選手が乱入し、結果5.4 福岡でオスプレイ選手 VS 鷹木選手が決定。その次の挑戦者として、オカダ選手という流れになりました。

過去の対戦

まずは、4.4両国 飯伏 VS オスプレイはどちらが勝つか?で予想したように過去の対戦をチェックしてみましょう。

  • 2019.6.5 BEST OF THE SUPER Jr.26 オスプレイ勝利
  • 2020.9.27 G1 CLIMAX 30 鷹木勝利
  • 2021.3.2 NEW JAPAN CUP 2021 決勝 オスプレイ勝利

過去の対戦を見ると、ある程度拮抗が求められるので鷹木選手に軍配が上がると言えます。

また、NEW JAPAN CUP 2021 決勝のリベンジマッチでもあるので、鷹木選手が有利だと思います。

オカダ選手との対戦

珍しいことですが5.4 福岡大会の結果いかんに関わらず、次のIWGP世界ヘビー級選手権の相手はオカダ・カズチカ選手に決まっています(5.29)。

そう考えると、オスプレイ選手と鷹木選手のどちらがオカダ選手と戦った方が盛り上がるのかというのも気になるところです。

レインメーカーショックで一大旋風を起こしたオカダ選手。個人的にもオカダ選手の登場でプロレス熱が再燃しました。ところが近年ではIWGP戦線から遠ざかり、対戦成績では強豪を打ち破り良い成績を出していますが、タイトルにはほとんど絡んでいません。

それがようやく、IWGP戦線へ復帰ということでファンとしてはかなり期待が高まっているように思います。

そのオカダ選手との対戦を考えた場合、鷹木選手に軍配が上がるかなと思います。

理由としてはNEW JAPAN CUP 2021の1回戦のリマッチがあるからです。基本的には上半期の遺恨は上半期で終わらせておく必要があります。というのも、G1が始まるからです。

過去を振り返ると下半期のIWGP世界ヘビー級選手権はG1でチャンピオンが負けた選手とのリベンジマッチが組まれることが多いです。で、1.4 東京ドームでG1の覇者と戦います。この流れは近年の鉄板。

そう考えた時にオカダ選手がリベンジすべきは、NEW JAPAN CUP 2021の鷹木選手。ということで鷹木選手に軍配が上がるのです。

世界進出を考えればオスプレイに軍配

ここまで見ると、鷹木選手が圧倒的に勝ちそうな雰囲気があるのですが、4.4両国 飯伏 VS オスプレイはどちらが勝つか?で書いたように新日本プロレスとしては世界進出を推進しています。

鷹木選手は個人的に素晴らしい選手だと思いますし、すごく好きな選手ですが、世界レベルで見た時にどうしてもオカダ選手やオスプレイ選手の後塵を拝してしまいます。

こればかりはタイミングの問題もありますし、今後、新日本プロレスが鷹木選手を猛プッシュするのであれば、鷹木選手が勝つとは思いますが、現状でそのような感じもないので、世界進出を考えればオスプレイ選手に軍配が上がるでしょう。

IWGPに敢えて世界と付けたのに、ずっと国内でワチャワチャしてては意味が無いですよね。海外で興行をするなら、やはりオカダ選手のように世界的に人気があるか、オスプレイ選手のように英語が話せることが結構重要かなと思っています。

余談

先日、オスプレイ選手が会見を行いました。明確でわかりやすいですよね。

会見の中でIWGPとインターコンチを以前のように分けて欲しいという要望に対して明確にノーと答えていますが、動画の評価は高評価が圧倒的に多いです。統一のままであるという方向性は新日本プロレス IWGP、インターコンチ二冠統一問題の飯伏選手と一緒なのに、評価は正反対。

これはしっかりしたビジョンがあれば統一してもファンは文句を言わなかったということでしょう。飯伏選手は会社からの意向があったとは言え、変にファンに気を使いすぎてしまったことがマイナスになった印象です。

やっぱりロスインゴ前の内藤選手と似ているところがあるかなあと。飯伏選手にはここから復活してほしいですね。

IWGP世界ヘビー級王者変わりすぎ問題

もし、5.4 福岡で鷹木選手が勝った場合、短期間で王者がコロコロ変わってしまいます。

これはIWGP世界ヘビー級の箔を考えた場合、その価値が下がってしまうと言わざるを得ません。

それだけ新日本プロレスのトップレスラーたちの実力が拮抗しているのですが、やはりある程度、王者感が無いと、世界一のベルトと言うにはちょっと物足りません。

そう考えると、オスプレイ選手に軍配が上がるかなと思います。

結論:オスプレイ選手勝利と予想

正直、今回は予想がかなり難しいです。前回の飯伏選手 VS オスプレイ選手は結構わかりやすい構図だったのですが、今回は判断する材料を天秤にかけた場合、どちらが勝ってもおかしくないですし、どちらが勝っても面白いんですよね。

ですので、今回は敢えて言うのであれば、オスプレイ選手勝利かなと。

ユナイテッドエンパイアの勢いというのもありますし、前王者の飯伏選手と比べて王者感が全面にでていますし、今年はオスプレイ選手の年なのかなと思っています。

そういえば、オスプレイ選手も鷹木選手もどちらもジュニアヘビー級からヘビー級へ転向した選手。そして飯伏選手もそうですよね。そう考えると、新日本プロレスは本当に新しい時代を作ろうとしているのかなと感じます。

参考:NEW JAPAN CUP 2021から予測 新日本プロレスの今後 | ネルログ

リンクなど

G1 CLIMAX 30 | 新日本プロレス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA