罠を階段に置く意味 BIOHAZARD RESISTANCE攻略 MM編

投稿者: | 2021年2月22日

BIOHAZARD RESISTANCE(バイオハザードレジスタンス)で、サバイバーが引っかかりやすいトラップの位置として階段があります。

これには

  • 階段のグラフィックでトラップが見づらくなる
  • 下り階段では視界から足元が消える

という理由があります。

特に、「下り階段では視界から足元が消える」というのは大きな効果です。

上級サバイバーになると階段を降りるときに視界を下げて足元を確認しながら進んできます。

そこで、トラップと一緒にゾンビを配置するという対策方法があります。ゾンビがいることで視界を強制的に上げ、トラップを踏ませるというやり方です。

単純にゾンビを配置するだけでなく、スレイブするとより効果が高まります。これは階段だけでなく、あらゆる場面で使えるテクニックです。

サバイバーの視界を上げさせれば良いので銃器を使って注意を引くという方法もあります。

MM初心者の方はこちら → MM初心者が勝つために知っておきたいこと BIOHAZARD RESISTANCE攻略 MM編 | ネルログ

公式サイト → バイオハザード レジスタンス | CAPCOM


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA