三国志14 パワーアップキット レビュー PS4

投稿者: | 2020年12月11日

三国志14 パワーアップキットとは

パワーアップキットとは、中国の三国時代をテーマにしたコーエーテクモゲームスの歴史シミュレーション「三国志14」に追加要素をプラスするキットです。

パワーアップキットでは、新しい建物や戦法、陣形、個性などが追加され、戦闘の幅が広がりました。烏桓、鮮卑、山越、南蛮といった外的勢力、ローマなどの交易地域が増え、外交の幅も広がっています。

新イベントだけでなく、イベント編集機能も追加され、史実をより忠実に再現したり、架空の設定を楽しんだりすることができます。よりマニアックに楽しむことができるようになりました。

三国志14のレビュー → 三国志14 レビュー PS4 ストラテジーゲーム | ネルログ

プレイ動画

実際に2時間ほどプレイしたときの動画です。新シナリオで公孫瓚を使って、烏桓と外交したりしています。

三国志14 パワーアップキットお試し配信

良かった点

個人的に年表が追加されたのは嬉しかったです。自身が統一するまでの事件が羅列されているだけですが、ああ、こんなことあったなあとか、ここで苦戦したなあとか、振り返ることができるのは、やはり良いと思います。

戦略の幅が広がったことで、多少戦い方も変わってくるかなと思います。その中でも、やはり偽報は大きな追加かなと思います。三国志14では、知将があまり戦闘では活躍しにくかったのですが、パワーアップキットでは知将がかなり役立つようになりました。一騎打ちされたら、仕方ないですが、相手を追い返したり、罠に誘導したりと、偽報はかなり使えます。

悪かった点

今後のアップデートで改善されるかもしれませんが、パワーアップキット無しの時のセーブデータがロードできませんでした。年表などの追加システムに対応していないため、データ自身が無いためと思われます。ちょっと残念。

バグかもしれませんが、烏桓の武将をゲットしたあとに、イベントを起こしたら、烏桓の武将が立ち去ってしまいました。特に、イベント結果に烏桓の武将が立ち去るなどは書かれていなかったので、イベントを起こす際には注意してください。

評価

☆4/5

パワーアップキットを加えるとゲームの深みが増すので、より三国志14が面白くなることは間違いありません。

ただ、本編が9,680円でパワーアップキットが5,830円というのは、ボリューム感としては少し高いかなと思いました。さらにDLCもありますので、すべて揃えると総額は2万5千円ほど。大人にとってはそれほどでもありませんが、子どもにとっては結構ハードルが高いかなという印象です。

三国志シリーズは、個人的にすごく好きな作品で、かなりプレイしていますし、結構買っています。ただ、高いというのが印象に残っていて、子どもにはプレイしにくいゲームという感じ。個人的には、子どもにもプレイしてほしい作品ではあるので、もう少し敷居を下げてくれても良いのかなと思いました。


リンク