おすすめ副官 キングダムオーダー攻略

投稿者: | 2021年6月7日

キングダムオーダー(Kingdom Order)で、武将継承できるおすすめの副官を紹介します。

まとめはこちら → キングダムオーダー攻略まとめ

森の守護神ジェンファ

指揮官の戦闘スキルのスキルゲージ消費量40%減少(スキルコスト減少)はかなり魅力的。特に中盤以降、武将が集まってくるとスキルコストが30を越える戦闘スキルがあるとかなり戦闘で役立ちます。

ただ、戦闘スキルのスキルコストが高い武将ばかりだと、戦闘時間内に全戦闘スキルを使い切ることができないことがあります。それらの解決方法の1つがスキルゲージ消費量減少です。

森の守護神ジェンファは指揮官としても普通に強いので迷ってしまいますが、個人的には副官がおすすめです。

孤高の伝道師ディールモア

孤高の伝道師ディールモアもスキルゲージ消費量30%を持っているので使い勝手が良い武将です。指揮官としてもスキルゲージ増加速度が10%速くなるため悪くはありません。

さらに内政能力で必ず徴兵が成功するので武将継承候補としても良い感じ。

ただ、ある程度武将が増え、兵士も揃ってくると副官としてポジションが安定してきます。

悪を裁く者エルヴィン

悪を裁く者エルヴィンが副官だと、戦闘スキルの攻撃力をアップしてくれます。これが中盤以降ではかなり活躍してくれます。

ミスティリア魔法国の大魔導ホーゲンワットも一緒に副官に付けてあげれば2人合わせて85%アップになります。スキルコスト30以上の攻撃スキルを持っている指揮官の副官として最適です。

指揮官としても結構使える武将ですが、個人的には副官がベストだと思います。

喰魂の術師マ・ティカ

副官時のパッシブ効果は敵の捕縛率10%上昇です。序盤から中盤で武将数が少ないうちは、敵拠点を攻めながら武将数や兵士数を増やすのが効率的なので、10%とはいえ捕縛率が上がるのは重要です。

酔いどれポトスなど捕縛率をアップする武将と組み合わせて使ってあげるのが良いと思います。

ヒットバック耐性を40%上昇する戦闘スキル 無痛の秘薬も使えるので指揮官としても結構強く、また指揮官時も捕縛率上昇10%があるのが嬉しいところ。序盤から中盤に指揮官として使うのも悪くはありません。

ただ、戦闘に長けた指揮官が出てくるとどうしても見劣りしがちなので、副官が安定かなと思います。武将継承候補としても良いと思います。

流浪の王子ヴェルク

地味ながら縁の下の力持ちとして優秀なのが流浪の王子ヴェルク。副官時のパッシブ効果は援軍要請の兵力ptを25%減少させるという効果で、部隊が強くなっていく中盤以降で役立ちます。

指揮官としてもなかなかに使える武将ですが、副官の方が適任だと個人的には思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA