羊とオオカミの恋と殺人 コメディホラー映画レビュー

投稿者: | 2021年6月17日

羊とオオカミの恋と殺人とは

大学受験に失敗し人生の絶望していた黒須(杉野遥亮)は部屋で首吊り自殺を図るも失敗。その時に壁に穴ができ、隣の部屋が覗けるようになる。隣人には宮市(福原遥)という美人が住んでおり、犯罪とわかりつつも覗きつづけてしまう。ひょんなことから黒須は宮市とご飯を一緒に食べるようになり、宮市への恋心を募らせていた時、覗き穴から宮市が殺人をする現場を目撃してしまうのだった。果たして黒須の運命は?

2019年作品。原作は穴殺人(裸村先生)。

評価

☆4/5

設定で9割という感じの映画。この手の設定がものが好きなら楽しめる作品だと思います。

個人的にはラストが微妙でしたが、といってもオチのパターンはそれほど無いので、好みの問題ですね。

映像は全体的に綺麗な感じで、スプラッタ表現もありますが、かなりマイルドに仕上げています。グロ表現といってもそれほど強くなく、見やすいかなと。

そもそもこの映画、ジャンルとしてはラブコメらしいので、広い心で見るのが良いと思います。

主人公の黒須演じる杉野遥亮さんは俳優でファッションモデルの方だそうで、確かにスタイルが良いですね。精力的にテレビドラマなどに出ているようで、2021年6月現在で25歳。これから注目の若手俳優という感じでしょうか。

ヒロインを演じる福原遥さんってどっかでみたことあるなあと思ったのですが、賭ケグルイでヴィレッジの歩火樹絵里役をしていた方だったんですね。つながった。

あと調べてみたら『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のまいんちゃんだったそうで、番組自体は見てはないですが、一時期、かなり話題になったのを覚えています。他にもドラマではコーヒー&バニラや声ガール!、ゆるキャン△で主演をしているようで、最近徐々に人気が出てきている方のようです。

二人の起用を考えると、これからの若手へのチャンス的な位置づけの映画だったのかもしれません。方向性としてもザ・邦画という感じかなと。


リンク