BIOHAZARD RESISTANCEレビュー PS4

投稿者: | 2020年12月31日

BIOHAZARD RESISTANCEとは

BIOHAZARD RESISTANCE(バイオハザード レジスタンス)は、BIOHAZARD RE:3を購入すると一緒についてくる非対称系PvPゲームです。プレイヤーはサバイバー側4人とマスターマインド1人で対戦します。

最大の特徴は、サバイバー側はTPSのような感じのアクションゲームであるのに対し、マスターマインド側はストラテジーゲームのような感じである点です。非対称系の中でも珍しいタイプ。

マスターマインドは、ゾンビやトラップを配置したり、銃で撃ったり、ゾンビに入って(スレイブ化)ゾンビを動かして攻撃したりして、サバイバーを倒していきます。

プレイ動画

初見プレイでかなり下手ですが、雰囲気が伝われば幸いです。

良かった点

この手のPvP系はアクションゲームが多く、アクションゲームが苦手な人は結構苦戦します。BIOHAZARD RESISTANCEはマスターマインド側は、ストラテジーゲームのような感じで、アクションが得意な方が良いことは良いですが、アクション性はそこまで高くないため、アクションゲームが苦手でもプレイしやすいです。

悪かった点

マッチングのバランスがかなり悪いです。発売が2020年4月3日で、長くプレイしているプレイヤーと新規のプレイヤーがごちゃまぜでマッチングされます。サバイバー側は上手い人が3人いるとクリアしやすいですが、マスターマインド側は1人のため初心者にはかなり厳しいです。

プレイ経験もありますが、スキル差も結構あります。サバイバー、マスターマインドともにレベルがあがると新たなスキルを覚えます。また、RPによって装備品をガチャでゲットできるようになりますが、RPを貯めるにもプレイ回数が必要です。そのためある程度プレイしていないと、強さに差がかなり出てしまいます。

評価

☆5/5

ぶっちゃけマスターマインド側はレベルがある程度上がるまでは厳しいですが、それを超えるとかなり楽しめるゲームです。アクションゲームが苦手でもプレイしやすく、個人的にはかなりハマってます。

どのぐらいハマっているかというと、まだ本編であるBIOHAZARD RE:3をプレイしていないぐらい。あと、BPブースターも買ってしまいました。