ゲーム Defend the Rook ローグライク+タワーディフェンス+ターン制タクティカルRPG的

投稿者: | 2022年9月24日

評価・レビュー

☆4/5

Defend the Rookはローグライクのターン制タワーディフェンスゲーム。特徴的なのは、9×9のボードの上で敵を迎撃する点。

いわゆるファイアーエンブレムのようなターン制タクティカルRPG(シミュレーションRPG)の要素が入っています。

ウェーブをクリアしてヒーローをアップグレードしたり、スキルを付与したり、守るべきタワーを強化したりして、より難易度の高い敵の侵攻を防ぐという感じです。

プレイしていくと様々な要素が追加されていきますし、ヒーローのスキルやタワーの強化要素も多様なので、守り重視にするか、攻め重視にするか、ヒーロー重視にするか、タワー重視にするか、いろいろとカスタマイズができ自分好みの部隊に作り上げていく楽しさがあります。

敵は様々な方向から来るので、部隊のフォーメーションや位置取りが結構大事なゲームですね。ですので、先々を考えてキャラクターを移動させる必要があり、ストラテジー要素もあります。

PC版だとSteamで2021年10月26日にリリースされていて、Nintendo Switchでも販売されています。個人的にはPrime gamingのフリープレイ(2022/09)でPC版をプレイしました。

サックっとプレイした感じでは結構面白いゲームシステムの組み合わせだなあと感じました。最後までプレイしたわけではないのですが、難易度が少し簡単かも。そのあたりはSteamのコメントでも指摘されていますね。

ただ、1週目クリア後にさらに新しい難易度が追加されるそうなので、やり込めばやり込むほど歯ごたえが出て面白くなるゲームだと思います。そのあたりがローグライクであり、リプレイ性を重視したゲームと言えますね。

難易度については人それぞれなので、楽しめる人はハマれるゲームだと思います。

個人的には結構面白いと思ったので改めて時間を作ってプレイしたいなと思いました。

リンク